TACフィルムのご購入・加工について

TACフィルムのご購入は、株式会社オカドにお問い合わせください。
現在ドイツのIPI社とLUCKY社(ラッキー社)を取り扱っており、IPI社のフィルムの取扱量は国内最大です。

また、TACフィルムの防曇フィルムは、弊社におまかせください。世界最高級の曇り止めフィルはTACフィルムが一番です。PETフィルムの防曇処理はコーティング加工ですが、TACフィルムの防曇処理は含浸加工で行いますので、長時間の耐久性がPETのコーティング法式よりも上になります。

TACフィルム取り扱い一覧

メーカー 厚み タイプ
IPI社 30μ 片面マット
IPI社 38μ 片面マット
IPI社 50μ 透明タイプ
IPI社 80μ 透明タイプ
IPI社 100μ 透明タイプ
IPI社 117μ 透明タイプ
LUCKY社 200μ 透明タイプ
他の厚みにつきましては別途ご相談ください。

防曇タイプ(TACフィルムベース)

厚み 防曇処理 タイプ
200μ 両面 透明タイプ
245μ 両面 透明タイプ

※防曇(ぼうどん)処理とは、曇りにくい処理のことです。


TACでお困りの方へ

株式会社オカドでは、材料選定から加工までトータルにご提案致します。加工は自社工場で行っているため、小巻ロール、裁断などお客様のニーズに合わせてご対応可能です。何でもお気軽にお問合せください。

TACフィルムとは

TAC(Triacetylcellulose)とは、トリアセチルセルロースの略称。三酢酸セルロースまたはトリアセテートとも呼ばれています。天然の高分子である綿化やパルプを原料としてセルロースを無水酢酸と反応させて、セルロース分子に含まれる水酸基(OH-)を三酢酸(CH3CO-)に置き換えることにより得られる高分子がアセチルセルロース。このうち、すべての水酸基をアセチル化したものがTAC(トリアセチルセルロース)です。
二酢酸に置き換えた高分子がジアセチルセルロースで、ジアセフィルムと呼ばれています。

日経XTECHより引用

TACフィルムの基本特性

  1. 無延伸フィルムなので熱収縮が小さい
  2. 方向性がない
  3. 表面をアルカリ溶液で塗工することにより防曇効果(曇り止め)を出すことができる
  4. PETフィルムよりも耐熱性に優れている
  5. 光透過性・光透過率に優れている
  6. PETフィルムよりも軟化温度が高い
  7. 二次加工を施さなくても離型性を有している
  8. 親水性が高い
  9. 耐候性が高い

【用途】
防曇フィルム、写真用フィルム、液晶ディスプレイの構成部材である偏光板の保護膜(偏光板をTACで挟み込み強度をつけている)


TACフィルム基本特性

項目 数値 単位 条件
比重 1.3
引張強さ 2.7~3.3(1o2) Kg/mm2
破断伸び 20~45 %
屈折強さ 680
吸水率3.3~3.8 1.3 % 23℃、24hr
吸湿率 1.5~1.9 % 30℃、50%RH
透湿率 380 g・m2・24hr 40℃、90%
吸湿膨張係数 4~7×10-5 cm/cm・%RH
屈折率 1.487
透過率 >92 %
融点 290
耐熱温度 長時間 150
短時間 210
熱膨張係数 5.4×10-5 cm/cm・℃
加熱収縮 3~4 % 140℃、7日
燃焼性 難燃性
誘電率 3.5 (25℃、1KHz)
誘電正接 0.021 (25℃、1KHz)
(データ出典:プラスチックフィルム「加工と応用」沖山聡明 編著 P257より引用)

このページの先頭へ