フィルムの印刷・打ち抜き加工

打ち抜き機

打ち抜き加工とは、加圧した抜き刃の間に加工材を通過させ、規則正しい形を抜いてゆく加工方法です。

一つの抜き刃を作成するだけで、大量に同一品を生産でき、コストパフォーマンスに優れています。

製品

また、打ち抜きと同時に印刷することも可能ですので、シールやラベル等量産もご対応いたします。刃型、印刷方法等ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

当社では用途に応じて以下のような抜き刃、印刷方法をお選びいただけます。

ビク型(ビク刃)
低コストで作成できる型です。最もよく用いられるスタンダードな金型です。(公差±0.2㎜)
ピナクル刃
一枚の板をエッジング加工してつくられているため、金型のつなぎ目がありません。(公差±0.1㎜)
金型をロール状にして打ち抜くことができるため、高速で打ち抜き加工することができます。
オスメス刃
上下に金型を合わせて作成するため、非常に精度の高い製品ができます。
バリも抑制することができます(公差±0.05㎜)

グラビア印刷
鮮やかなグラデーションも再現でき、短納期で大量に印刷できます。
材質:PET、紙など
用途:軟包装材料、テープ用基材
オンデマンド印刷
版を作製せずに印刷することができます。
材質:ユポ、PET、PC、PP等
用途:ディスプレイ、POP等
シルク印刷
インク厚を多くのせることができます。色の隠ぺい性が高く、精密な印刷ができます。
材質:PC、PET
用途:工業部品
フレキソ印刷
一般的に印刷ラベルに用いられます。
材質:各種タック紙

お問い合わせ、お見積り、加工のご用命等、お気軽にご連絡ください。
電話番号

営業時間外のご連絡は、FAXまたはメールでお願いいたします。
FAX:03-5818-6462
メールはこちらのフォームをご利用ください。

このページの先頭へ